So-net無料ブログ作成
検索選択

【いわて銀河】レース前 [大会]

第13回いわて銀河チャレンジ100キロウルトラマラソン、
遠征レポの続きです。

前日、9時40分過ぎの新幹線で
東京→北上へ。
JR東日本の「とくだ値」切符、
申し込みを失敗して往路は1割引き
復路はなんと5割引きでした。ホントに「とくだ値」。
予約可能なので早めの申し込みがポイントですよ~。

道中、駅弁でお昼。
DSC_0041.jpg
これね1人で食べたんじゃないですよ。
3人分です。
私は松露のたまごサンドといなり寿司。
ビールなし、カーボINでございます。

3人そろってコースがどうだ、
時間配分がああだこうだと話していたら
通路をはさんで並びのお兄さんが
「いわて銀河ですか?」って。
やはりランナーさんでした。

北上に到着したら雨…。
荷物重いので3人でまとめてコインロッカーに。

受付会場まで徒歩5分。歩いてきます。
駅前には何軒かホテルが。
北上のホテルにすべきだったか。ううむ。

こじんまりした受付会場で
ゼッケン、パンフ、参加賞のTシャツをもらいます。
DSC_0046.jpg
なぜかどん兵衛。
荷物預け用の袋は、ただのゴミ袋。。。
いや、経費節減大事ですよね。うん。

ホテルの送迎バスの時間まで1時間ほどあったので
写真を撮ったりして遊んじゃう~
17-06-12-19-35-05-894_deco.jpg

長机が二つ置いてあって、一つには
「ゼッケンに一言メッセージを」とマジックが、
もう一つには
「トンネルの中はマイナス2℃」と、ゴミ袋とはさみが。

なので、防寒用のゴミ袋をチョキチョキ切って
それぞれ意気込みをゼッケンの余白に書いたりして。

ゆるーっと歩いて駅へ戻り、コンビニでヨーグルトを購入し
旅館のバスに乗り込んで、揺られること25分、
17-06-12-19-38-13-231_deco.jpg
夏油温泉郷の瀬美温泉に到着です。

大会公式HPから申し込んだ、マラソン料金でした。
お部屋はちょっと手狭だったけど
気心の知れた3人なのでたいした苦もなく
わいわい言いながら、レース支度。
事前に、暑さ対策は考えてきたけど
4月並の気候で、予報は午後から雨。

キャップはどうする?
ウインドブレーカーいる?
サングラスは?手袋は??

持ってきた荷物の中で、いろいろな天候に対応できるよう
ドロップバッグを用意して、お目当ての温泉[いい気分(温泉)]へ。

大浴場は3つあって、うち二つは露天あり(一つは混浴)。
混浴じゃないほうの露天つきに行き、ゆーったり。
「美人の湯」を謳ってるだけに、お肌つるつる[かわいい]

夕食は、マラソン参加者は小広間で
DSC_0064.jpg
シンプル、、でした。
ごはん、おいしくて2膳ずつ食べましたよー。カーボINだもんね。
でも予防も兼ねて食後に胃薬をば。

8時に消灯、して「おやすみ~」

2人の寝息が聞こえる中、私は胃が痛み出しまして。
カーボINしすぎたか?
単なる緊張のせいか?

寝返りを打てど、痛みはますばかり。
出発前に怒濤の納品ラッシュだったせいで
ストレス溜まってるのかも?

だんだん冷や汗も出てきて
これじゃ去年の富士五湖みたいにDNSだ…。

とりあえず、血の巡りをよくしよう、と
そろそろと起き出して温泉に。

夕方とは別の大浴場に浸かってしばらくしたら
だいぶマシになってきたので部屋に戻ってお布団へ。

今、思えば初めて飲んだ「ガスター10」が合わなかったのか、
単なるストレスか。とにかくスタートできてよかったです。

1時にアラームで起床。早い~。
おのおのテーピングしたり荷物をまとめたり。
2時にフロントで朝食を受け取り、お部屋で朝食。
DSC_0065.jpg
お米おいしいんだけど、冷たくて固かった。
どん兵衛食べるか?と思ったけど
お茶(私は白湯)で。夜中2時におにぎりって、ねえ。。

2時半に旅館のバスでスタート会場へ。
だいたい40人ぐらいいたのかな?
中には、もそもそおにぎり食べてる人もいました。

3時前に会場に到着。
DSC_0067.jpg
北上→会場のバスは行列&混雑するそうなので、
少々遠かったけど、歩くことも待つこともなく
温泉にもゆっくり入れたので、宿のチョイスは正解!

しかし、寒い~。
「寒さ対策に」とまたまたビニール袋&はさみが置いてありました。
Uちゃんは「スタート用」「ドロップバッグ用」と2枚用意。
私は100均カッパでスタートし、予備を1枚ポケットに。
更衣室へ行くと、女子の参加者が少ないせいかガラガラ。
隣のトイレもガラガラ。暖かくて助かりました。
タイツをはいて、コンタクトを入れ、日焼け止め塗って。
いざ、出陣!!!

青森から参加のちょい悪支部長&奥様と合流して
荷物を預け、競技場の中へ。
午前4時前というのに、もう夜明け間近という感じ。
17-06-12-19-39-41-593_deco.jpg
写真見ると、このときから風、強かったんだなと分かります。
装備は、
3人とも
上>ファイントラック+Tシャツ+アームカバー+BUFFでネックカバー
  (Uちゃんはっちゃんは、大会でくれたゴミ袋、私は100均カッパ)
下>ロングタイツ+ランパン(私はランスカ)

キャップ>はっちゃんのみ
サングラス>Uちゃん、私
ウェストポーチ>Uちゃん、私。はっちゃんはランパンのポケットで。

ウルトラだと、1分1秒を争うわけでもないので
スタート前のピリピリとした緊迫感はなく、
でも浮き足立つような高揚感の中、号砲を待つのでした。

(つづく)

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 4

keroyon

100キロのときは、やはり2時起きくらいで
そこからガンガン朝ごはんを食べます(^^;
東北らしい雰囲気、いいですねぇ(^^)
by keroyon (2017-06-14 06:15) 

ポッポ

マラソン遠征記事とは緊張感や準備の慎重さが違いますね~。
私も胃が痛くなりそうです。
でも,もんもんと痛みが消えてるのを待つことをせずに思い切って温泉にGOして正解でしたね。こういうことでも北上よりも温泉宿で良かったですね。
しかし,食事シーンが炭水化物祭りで...。はやく目の保養がしたいわ~。

by ポッポ (2017-06-14 12:34) 

こばすけ

ウルトラの前日~スタート前ってなんだか特有の緊張感ありますよね~。。。
体調、持ち直して本当良かったです!!
ナイス温泉でしたね♪♪

夜明け前の空がとてもきれいですね♪♪

続き、楽しみにしてます~♪


by こばすけ (2017-06-14 15:31) 

liang

★nice!&コメントありがとうございます。

>keroyonさま
ガンガン朝ごはん!大事ですよねー。
4時スタートはつらいかな、と思いましたが
夜明けとともに走るのも悪くないな、って感じでした。

>ポッポさま
我ながらびっくりの緊張による?胃痛でした。
ホント、北上のビジネスホテル宿泊だったら
どうなっていたか…。いろいろとツイてたようです。
今回は最後まで、おいしそうな写真はないかも~~(^_^;

>こばすけさま
はい、ナイス温泉でした。
独特の緊張感、夕食会場にもあって
そのあたりから私もストレスを感じてたのかもしれません。
今回は、晴れ、曇り、雨から虹まで、いろいろな空を見ました~

by liang (2017-06-15 11:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0