So-net無料ブログ作成
検索選択

鹿児島マラソン!アフター編 [旅行]

さて、延び延びになっておりましたが
鹿児島マラソン遠征の締めくくりは、アフター編です。

地元の友人たちや家族にアドバイスをもらって
けっこう前々から計画を練りましたが
師匠ご一行を連れていきたい場所が多すぎて
絞るのに苦労しました。

前置きはこれぐらいにして…

マラソン当日の夜は、郷土料理のお店「吾愛人(わかな)」へ。
疲れてるだろうと思ってご一行のホテルから近い鹿児島中央駅店にて
同じクラブから走りに来ていたチョーさんも合流して
個室でゆったり食事しました。
↓こんな感じ。もっといっぱい食べたけど(;'∀')
17-03-08-16-31-50-474_deco.jpg
地魚の盛り合わせ、鳥刺し、おでん、黒豚サラダ。
黒豚・ニガウリ(ゴーヤ)炒め、きびなごの天ぷら等が
好評でした。(写真撮り忘れ)
大会当日は夜まであいにくの雨でしたが
翌日・翌々日と快晴!
ドライブ日和でした。

翌日は朝9時にスタートして
レンタカーで知覧~枕崎~指宿というコース。

知覧ではまず特攻平和会館へ。
ここは一度は訪れてほしい場所。。。

そして知覧はお茶の名産地。お茶の段々畑の中を走り抜け
かつお節生産日本一の枕崎へ。
17-03-08-16-35-06-084_deco.jpg
漁協の運営する食堂でお昼ごはん。
かつおの「びんた(頭)煮」が売り!

そしてお楽しみの温泉~♪に向かう道中にあった
浦島太郎伝説の竜宮神社へ!
DSC_0108.jpg

17-03-08-16-39-04-314_deco.jpg
貝殻に願いごとを書いて
浦ちゃんを2周して
カメの頭をなでると願いが叶うとか。
ホントかな~叶うといいな~~

さ、そしてやっとこさ、着きましたよー
砂蒸し温泉!!
DSC_0134.jpg
波音を聴きながら蒸されます~
気持ちいです~~マラソンの筋肉痛も和らぐ~~

砂蒸しのあとは、絶景の露天風呂「たまて箱温泉」へ。
DSC03180.jpg
※公式サイトの画像です。

目の前は海!で最高に気持ちいい~~~
いつまでも入っていられるぐらいですよ。
でもお宿の食事時間もあるので
そこそこで切り上げました。

宿泊は指宿市の割と北のほうにある旅館で
私も初めて泊まりましたが
こぢんまりとしていて、皆さん親切で
よいお宿でした。
この日はUちゃんのお誕生日だったので、
DSC_0171.jpg
ささやかにお祝い。

そして温泉といえば…
17-03-08-21-34-14-835_deco.jpg
ピンポン対決っ!
白熱しましたよー。ほろ酔いだったので勝負はつかず。。

お風呂入って、よく食べて飲んで
運動もしたのでぐっすりと眠って
翌朝は6時に起き出しました。
DSC_0193.jpg
旅先の師匠といえば、早朝ジョグ!
いやもう、元気な76歳、いくらでも走れそうな勢いでしたが
寒さに弱い私がギブアップ。
宿に戻ってお風呂に入っていたら
きれいな朝焼けが見えました。
おいしい朝食をたっぷり食べて、
いよいよ最終日。

指宿からまたまた鹿児島市へ向かい、
途中、私の青春の思い出などを披露しつつ
桜島フェリーに乗り込みました。
DSC_0208.jpg
鹿児島市からほんの15分で桜島に到着です。

桜島をぐるりとドライブして
大隅半島へ渡り向かったのは
DSC_0236.jpg
黒酢の郷です。
錦江湾を見渡す甕畑、圧巻でしょ!
中を見学できて、試飲も。
でもって、最後の食事はここの黒酢レストランで。
DSC_0225.JPG
黒酢のとんこつ。豚肉と野菜を煮込んだもの。
写真にない、サラダやデザートなど
お料理すべてに黒酢が使われていて
全体的にさっぱり。おいしゅうございました。

ホントはこのあと霧島へ案内したかったのですが
タイムオーバーとなり、空港へ。
空港でおみやげを買って師匠ご一行は鹿児島を後にしたのでした。

私はこのあと、実家へ戻り
お墓参りや親孝行してきましたよ。
毎日、温泉に浸かってよい骨休めとなりました。

初めての鹿児島マラソンはいい大会だったし
大会以外の日はお天気に恵まれて
鹿児島を満喫してもらえたので
パンダ旅行社ツアー、大成功~(^^)v
(↑自画自賛)

鹿児島マラソン!レース編 [大会]

(つづきです)

鹿児島マラソン、当日。
実家から出陣!というのは初めてなので
父母がそわそわして妙な感じ。
 
完走する気ゼロだったので
フツウの朝食を取っていると
父親が「物置にコレあったぞー!」と持ってきたのが
アシックスのシューズ!
3,4年前に帰省したとき、ジョギング用に買ったもの!
やったー!これで走れる!! パアアア!

イマイチな空模様でも、心は晴々と会場へ。
せっかちな父親に送ってもらったので
待ち合わせよりもかなり早く到着して
DSC_0044.JPG
お騒がせした友人たちに
↑の写真を送って報告。

そうこうするうちに、約束通り
小松帯刀の像の前で高校の同級生集合~♪
received_1266231916803611.jpg
私以外の全員は去年も走った人たち。

同級生たちと健闘を誓いあって別れ
師匠一家と合流してスタート地点へ。

P氏は、前日、エキスポで買った、、
DSC_0051.jpg
西郷どんTシャツで(⌒∇⌒)

今回、私は故障中、Uちゃんは1週前に東京走ったばっかり、
ということで師匠母上と共に助さん角さんで走ることに。
DSC_0050.jpg
おソロのTシャツにしたのに、あいにくの雨…

荷物預けは公園の地下駐車場。
駐車場のブロック表示を利用して
そのまま、荷物預け場所が指定されていました。

何よりよかったのは、更衣スペースの中に荷物預け場所があること!
着替え→荷物預け→荷物受け取り→着替え
の移動がほぼゼロ! これって画期的!

スタートブロックまでの誘導もスムーズでした。

ドキドキわくわくしながら待っていると、
いよいよスタート!

海沿いの景色のいいコース!のはずが
あいにくの雨。。それでも、お気楽なUちゃんと私はノリノリ。
Uちゃんなんか「エイドで10種類は食べるよ」と宣言して
最初の5キロで、カステラとかパイナップルとか。

Uちゃんと母上に説明しながら
海沿い~街中へ。沿道応援もすごい。雨なのに。
同級生も来てくれてたそうだけどお互い発見できず。。

繁華街を抜けて10キロほど走ったあたりで
母上の様子がいつもと違う…。
ご本人は走りたそうだったけれど
娘Uちゃんが決断して、ゴールに近い場所でリタイア。

私も一緒にやめようかな、と思ったのですが
痛みが治まっていたので「もう少し」と再スタート。

そこでゆっくりペースで走ってたせいか
Uちゃんがトイレ離脱。
私は一人で先へ進みます。

海沿いの国道を残り30キロ近く往復。
雨が強くなって、シューズはグショグショ。
時折、目も開けられないほどなのに
沿道のスタッフは懸命に応援してくれます。

エイドでは、こんなふうに、
DSC_0064.jpg
給食が濡れないよう、ふたを持ってた!
一瞬じゃなくて、ずーっと。って、すごい大変だと思うの。
いや、ほんとありがたくて泣けてきました。

エイドは充実してまして、
バナナやいちご、ミニトマトやチョコ、パン、それに

つけあげ(さつま揚げ)、たんかん、げたんは(黒糖の麩菓子)、そば、安納芋などが
たくさん!
DSC_0054.jpg
しかも、つけあげや、たんかん、安納芋などは、1か所じゃなく
3~4か所にあったので、取り損ねてもへっちゃら!

私は何度ももらっちゃいました(^^)v
DSC_0056.jpg
DSC_0057.jpg

さて、レース経過に戻ります。

寒かったせいかトイレは激混みだったようで
Uちゃん、なかなか現れない。。

Uちゃんと再会したら、そこで止めようかなと思っていた私。
なのではしゃいで応援団とハイタッチしまくり、
途中のランナーやスタッフともおしゃべりしたりしてましたが、
ふと気づくと、関門地点にも収容バスはいない。
国道の1本道、、なんだか嫌な予感が…。。。。

そうこうするうち、折り返しの選手が見えてきました。
もう観客モードで声援を送ったり、
同級生たちを見つけて檄を飛ばしたり。

P氏とすれ違うと
まだ走ってることに驚かれましたが
「楽しいね! 帰りのほうが楽だよ」ですと!
いつも「俺、フル嫌い」と言ってる人とは思えない発言。。

20キロ地点ぐらいで
ようやくUちゃんが現れました。
「このまま一緒に走る?」と言われたけど
私は完走ムリそう、、と先に行ってもらうことに。

折り返しで収容バスあるだろうと思ったのに
見当たらず。。

さすがに30キロ過ぎで痛みに耐えかね
歩き出しました。ところが寒すぎて歩いていられない。

もうダメ…と走路員のおじさんにリタイア宣言…
したところ、折りたたみイスを広げられ、
エマージェンシーシートが出てきて
「ここであと2時間待てますか?」

なんと最終ランナーが通過するまで収容バスが来ない!とのこと。
海沿いの屋根もない歩道、それは寒くて風邪ひいちゃう~。

仕方ないので、次の救護所まで行くか、と
のろのろ走り出しました。

うーん、痛い、やばい、これはまずいかも。
でもフルってたいていどっか痛くなるし
そんなにひどくはないかも?

そんなことを考えつつ、歩いたり走ったり。
途中で、師匠母上から着電。
「liangちゃん、どこにいるの?」

母上、私がとっくに止めたと思ってたよう。
そりゃそうだよねえ。。(;'∀')

そうこうするうち、
市街地が近づいて沿道もにぎやかになり、
ずぶ濡れでがんばってくれてるスタッフの人たちの
「頑張って、あと〇キロ!」の声に押され
だんだん痛みがマヒして、再び走れるように。

あと2キロ!というところで
師匠Uちゃんから着電。
「大丈夫?」とかなり心配をかけてるもよう。

「大丈夫だから、雨だし、先に帰ってて」と伝えると
「ゴールで待ってるよ」!

ひゃー、それは待たせるわけにいかない、、と
(気持ち)スピードアップ。

ゴール近くはすごい声援で、なんとかかんとかフィニッシュ!
DSC_0081.jpg
タイムはなんと!
5時間45分!! 5時間越えは初めて。
というか、ここ4年は4時間以内で走ってたので
逆に忘れられない記録になりそう!

Uちゃんたちが人垣から声をかけてくれて
「よく頑張ったねー」と言われてウルウル。

バスタオルとメダルをかけてもらって
DSC_0241.jpg

いろいろもらって
DSC_0084.jpg

アツアツのトン汁とおにぎりも
DSC_0086.jpg

ヘタリ込みながら着替えを済ませ
のろのろと家路に着きました。

長かった…
(マラソンも、このレポも)

でも、ほーーんと、いい大会でした。
新しい大会なのですごく研究して工夫してるなという印象。
ランナーのマナーもよく、イラっとすることは皆無!
道にゴミ1つ落ちてなかった。
ジェルの袋を落とした若い子が引き返して拾ってた!
(↑おばちゃん感動)

しかし、家族や親せきは、新聞(完走者全員掲載される)を見て
「遅いねえ」って…は、はい。
高校の同級生の中でも一番遅かったようです。

いつか必ず、リベンジするぞ!と誓って
夕方から打ち上げに繰り出したのでした(つづく)。

☆↓参加賞のTシャツの柄。
DSC_0240.jpg

↓スタートはこんな感じでした。


(TC 04:30あたりに映ってます)

鹿児島マラソン!前日編 [旅行]

かなり時間が経ってしまいましたが
3月5日、第二回鹿児島マラソン走ってきました。

今回は、遠征というか
師匠ことUちゃん一家をご案内しての観光ツアーを兼ねて
実家へのんびり里帰り。

一応、目玉のマラソンは
ハライタも完治せぬまま、最初の10キロ、街中を走れたらいいや、
ぐらいの軽い気持ちでの参戦でした。

前日に現地入りして
空港からレンタカーでマラソンコースを下見しつつ
南下し、途中の世界遺産「仙厳園」で桜島とご対面♪
DSC_0010.jpg

ここでは、名物の両棒餅とか
17-03-08-21-32-09-784_deco.jpg
さつま揚げなどを食べつつ
コバラを満たし、ゆっくり園内を歩いて回りました。

隣の鶴嶺神社へお参りして、御朱印などもらい
スタート地点となる海辺の商業施設「ドルフィンポート」へ。
DSC_0020.jpg
まずは、ランチ!
鹿児島での(Uちゃん一家的)初食事は
とんかつ!
DSC_0016.jpg
黒豚は甘くてやわらかくて、やっぱりおいしい~♪
お腹もふくれたし、受付会場へ向かうか~と
歩き出したところで、地元テレビ局のアナウンサーさんに声をかけられ
千葉からの参加、親子で走ることなどを伝えましたら
翌日の中継でしっかり紹介してもらえました(^^)v

受付会場は中央公園。西郷さんの銅像の前で記念撮影をしたりして
エキスポでもウロウロ、あげくTシャツとか買っちゃう私たち。
17-03-08-22-16-55-866_deco.jpg

私は西郷さんより、パンダ♡(非県民?)
DSC_0026.jpg
ポカポカ陽気で南国気分を満喫したところで
鹿児島中央駅近くでレンタカーを返却し、
ご一行さまはホテルにチェックイン。

で、とりあえずは、ほら、
DSC_0038.jpg
白くま! 元祖のお店の支店です。
元祖のお店の本店は行列してたのですが
時間のせいか、こちらは割とすぐ入れました。

鹿児島=黒豚、という印象が強いようですが
鶏も名産でございまして、夕飯は、鶏料理屋さんで
17-03-08-22-15-17-205_deco.jpg
親子丼。P氏は鶏飯ね。

さてこの日はここでガイドのお役御免。
私は実家へ戻りました。

実家に帰って、お風呂に入り、明日の身支度!と思ったところで
またまた、やらかし発覚Σ(゚д゚lll)ガーン
DSC_0043.jpg
シューズが左右、違う…。ってこれ二度目だし(;'∀')

うげー、と思いつつ、自虐的にFBに上げみたら
すかさず地元の友人から連絡が入って
「まだ空いてるお店があるから、車出すよ。買いに行こう!」

でも…、そのお店は遠いから申し訳ないし、
エキスポの会場で買えるかもだし、、
どうせ10キロで止めるつもりだったし、、、

と、ありがたい申し出をお断りしました。

あーーもう、私のバカバカバカ!

と自己嫌悪にとっぷり浸かったまま
就寝したのでした。

(つづく)


2017年2月の月間走行距離 [走]

今月はなんと…

63キロ! でした~~~(´;ω;`)ウッ…

280キロ走る予定だったんですけどねえ。。。

でも50キロいかないかも?と思ってたのですが
前半だけでこの距離でございました。

考えてみたら台湾旅行中に峠走しちゃったのでした。
しかもポッポさんまで巻き込んで…(;'∀')

出発する随分前に、仲良しのディディとLINEしてるうち
一緒に朝ランしよう!と盛り上がっていて
てっきり、近所の公園を走るんだと思ってたのに
組長の呼びかけで台湾チームの練習会が開かれる運びと相成りまして。

土曜日の朝5時15分、ホテルでピックアップ。
ディディの車で台北の西北に向かうと
続々とメンバーが集まってきて
1488293575433.jpg
6時にスタート!

いきなりの上り坂。いやー、つら~い。
「ゆっくり走るからね」というディディと2人で
先行する組長についてヒーコラ上ります。
ハライタで走ってないうえに
ふだんやらない峠走。こりゃ大変だー、と思いつつも
おしゃべりしながらなので、何とか気を紛らわしつつ
頂上へ。あいにくの曇り空でしたが
晴れてたら台北市が一望できるんだそうです。

上ったら下るわけで。
1488293560671.jpg
下りもまあまあつらいのね。
後続グループとすれ違うと
おお、ポッポさんも走っとる。
私以上に「聞いてないよー」という気持ちだろうなあ、と
申し訳なく思っておりましたよ、はい。

途中、給水と景色を見下ろしただけでほぼ休憩なし。
15キロ、1時間40分で走りました。高低差は800メートルぐらいだったかな。

服を着替えて、ホッとしてると
ディディが「あったかい飲み物あるよ」。
保温ボトルにテイクアウトした豆乳とコーヒーが(*´▽`*)
一見クールだけど優しくて気配り上手なのね。
せっかくなので、両方合わせてソイラテに♡
ランシャツランパンで頑張ってたNICOちゃんからは
ゆでたまごの差し入れ。アスリートっぽいわあ。

ゆでたまごをムグムグ食べていると
「僕たちのクールダウンを見せてあげる」と
ディディが指さす先を見下ろすと、
DSC_0140.JPG
渓流で水浴びする男子たち。
この日、台北市内で死者が20人以上出たっていう
寒い日だったのに! 40代男子3名、がんばってました。
でも夏は気持ちいいだろうねえ。

そして、そのあとは街中のピッツアリアへ。
練習はパスして朝食だけ、というメンバーも集まり
1488293479159.jpg
楽しい朝食タイム~♪

別府大分マラソンで自己ベスト2時間40分を出したウーくん(ジャニーズ系♡)や
大会前日を控えたライバル小朱も来てくれ話が弾みました。
同年代でPB抜きつ抜かれつできていた小朱、
翌日の大会で3時間39分と一気にタイムを縮めたそう!

ディディには「あの峠走が効いてる。liangも坂道練習しなきゃ」と
発破をかけられましたが、今は、それどころじゃないのよう。

まさかの台北峠走で、泣き言を言いながら走りましたが
空気はきれいで走ってる最中は気持ちよく
よい体験となりました。

ディディやウーくんは長野マラソンに向けて
しっかり練習を積む予定とのこと。
私も早く治して、完全復活したいものです。。