So-net無料ブログ作成
検索選択

春なのに [本]

今日はいいお天気でしたが
家から一歩も出られず仕事仕事…。
思わぬ出費をリカバーするために
つまらないいただいた仕事を黙々とこなしております。

なーんて言いながらも
ちゃっかり読書も。

面白かった本をズラズラと挙げてみます。


美味礼讃 (文春文庫)

美味礼讃 (文春文庫)

  • 作者: 海老沢 泰久
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1994/05
  • メディア: 文庫


フランスに行きたくなったー!
フォアグラ食べたい~~~~
(だから痩せないのね)


幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV)

幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: フレドリック バックマン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: 文庫


だんだん主人公が好きになる、すてきなお話。
スウェーデンにも行きたいなーー!


その手をにぎりたい

その手をにぎりたい

  • 作者: 柚木 麻子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/01/24
  • メディア: 単行本


平野ノラを思い出した。
(私的に)当たり外れある作家だけど、
この作品は可もなく不可もなく。
再読はないな。


失踪者〈上〉 (創元推理文庫)

失踪者〈上〉 (創元推理文庫)

  • 作者: シャルロッテ・リンク
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: 文庫


久しぶりにミステリーが読みたくなって。
上巻を紙で、下巻をkindleで買っちゃった。失敗。。


家族の言い訳 (双葉文庫)

家族の言い訳 (双葉文庫)

  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/12/11
  • メディア: Kindle版


読んでいてなんかしっくりこなくて
あとがきを読んで納得。
放送作家の書いた小説って映像的
すぎるのかも。。

↓↓ドラマ化記念で安くなってたのでダウンロード

人は見た目が100パーセント(1) (BE・LOVEコミックス)

人は見た目が100パーセント(1) (BE・LOVEコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/07/11
  • メディア: Kindle版


ドラマはキトはどうかな~。
桐谷美玲ちゃんも水川あさみちゃんも
ブルゾンちえみも好きだけど、ううむ。。


あなたのことはそれほど(4) (FEEL COMICS)

あなたのことはそれほど(4) (FEEL COMICS)

  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2016/10/08
  • メディア: Kindle版


これは、ダブル不倫の気持ち悪いストーリー。
波留ちゃんが主人公って…
東出昌大がダンナ役って…、ううむ。
↓↓こっちは映画化のおかげでタダでした。


PとJK(1) (別冊フレンドコミックス)

PとJK(1) (別冊フレンドコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/04/12
  • メディア: Kindle版


亀梨くんみたいなお巡りさん、いないでしょっ!

↓↓続きものは惰性で買っちゃう…


海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)

海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)

  • 作者: 吉田 秋生
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/04/10
  • メディア: コミック


無理やりまとめに入ってるのかな。



いつかティファニーで朝食を 11巻 (バンチコミックス)

いつかティファニーで朝食を 11巻 (バンチコミックス)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/04/08
  • メディア: Kindle版


ニューヨーク行きたいなー。
NYCマラソン走りたい。



ちはやふる(34) (BE LOVE KC)

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)

  • 作者: 末次 由紀
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/13
  • メディア: コミック


途中からkindleで買ってたのに
うっかりまた紙で買っちゃった。。

断捨離から遠い日々を送っております。

でもインプットも大事なのであります。



「蜜蜂と遠雷」 [本]

本日は日曜練習。
短いコースをちょこっと走るべきかとも思ったのですが
昨日、ちょっと食べ過ぎた…

…のでミドルコース18キロ。
とはいえ、ガシガシ走ることはできず
あいかわらずの、ゆるゆるランでございました。


ところで恩田陸が直木賞を受賞しましたね。
今更?という気もしますが
荻原浩もそうだったし、そんなもんかしらね。

最近、ちょっと読んでなかったので
早速ダウンロードしてみました。

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: Kindle版



紙だと505ページ、
ひるんでしまいそうな大作ですが
登場人物が魅力的、緊迫感のあるストーリー展開で
夢中になって一気に読んじゃいました。寝不足…。。。

お得意のトリッキーな仕掛けはなく
素直に受け身で物語を楽しめました。

「マチネの終わりに」の時と同様、
紙で買えばよかったなーと後悔。
大事に読み返す一冊になりそうです。



後出しじゃんけん? [本]

昨日はゴリゴリ整体に行きまして
いつもの整体師さんに

腹痛の原因は大腰筋かも、と告げると

「先週、僕もそうじゃないかと思った」ですと。

いやいや、そしたらそう言ってよ。

「内科の検査を受けると言ってたから」って。

いろんな所へ行き過ぎて順番がよくわからなくなっております。

とにかく、大腰筋対策ということで
(大腰筋は直接触れないので)
太ももや足の付け根あたりを重点的にマッサージしてもらい
ストレッチも教わってきました。
なんだかいい気がするけど
まだ走ってないので効果のほどは分かりません…。


ここ最近は病院や電車で読書が進みます。

これ、よかったわあ。

本屋さんのダイアナ

本屋さんのダイアナ

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/04/22
  • メディア: Kindle版


今年のベスト3に入ります。
あ、おととしの本だった。。

で、こちらも一気読み。
DSC_3561.JPG
某ヘンタイさんとの物々交換で入手。
映画を観るより先に読みたかったなー、というところ。
ノベライズとしてはよくできているのでは。

本屋でジャケ買い。
DSC_3562.JPG
西加奈子としては物足りないような。
期待しすぎかな。。

明日(日付変わって今日)も雨の予報ですが
ゴリゴリ整体の効果を試しがてら
走りに出られるといいなー。


いつものパターンで [本]

毎度のことながら、締め切りが近づくと
乱読スイッチが入ってしまいます。

スイッチ入る前に買っといた本というか
ダウンロードしといた本を
まあまあの勢いで読んでおります。


本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

  • 作者: 原田マハ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2013/06/07
  • メディア: 文庫



電車ドア横広告が気になって。
スピーチライターが主人公です。
ちょっと話が出来過ぎじゃないかい。。


生きるぼくら (徳間文庫)

生きるぼくら (徳間文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2015/09/04
  • メディア: 文庫


これはストレートなよい話。
高校生の息子がいたら読ませたいぐらい。

原田マハって原田宗典の妹だったんだ!
ということを初めて知って
その勢いでもう一冊。


星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2013/10/04
  • メディア: 文庫



短編集。話がご都合主義でも短編ならOK。
表題作がとてもよかったです。
中学生の娘がいたら読ませたい。

こちらはベタ褒めのレビューがあったので
なんとなくダウンロード。

ジャンプ (光文社文庫)

ジャンプ (光文社文庫)

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 文庫


好みじゃなかったです。
無駄に長い気がする。


さ、そろそろ仕事を進めなきゃ。
明日はロング走りに行けるかな?

ちなみに今日は昼前に走りに出たら
暑すぎて8キロでダウン。
弱ってるのか衰えてるのか、その両方か。
あと16日でぐんまマラソンです。
温泉に入りたいなー[いい気分(温泉)]

ドラマ観なくちゃ! [本]

今朝は雨が降る前にサクッと。

ウォーキングの夫と途中まで歩いて
時間がなかった私はランニング~(`・ω・´)b

いつもの公園で師匠ことUちゃん式インターバル
500メートル×5本。

涼しかったので前回よりはタイム出ました。
まだまだ調子いいときより15秒ぐらい遅いけど
ギリギリ合格ライン。

さて仕事はちょっと落ち着いております。
この秋のドラマ、気に入ってるマンガや小説原作が目白押し。

これとか、、

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1) (ヤンマガKCスペシャル)

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: マキヒロチ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/11/09
  • メディア: コミック


主演は森三中の大島さんと安藤なつちゃん。
うわー、ピッタリ! 観なくちゃ!

あとこれも。

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/06/13
  • メディア: Kindle版


ぶっちゃけジャケ買いしたのよね。
お気に入りのキャラ百合ちゃん役は石田ゆり子。ふむふむ。

こっちは年明けオンエア?

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/09/12
  • メディア: Kindle版


吉高由里子はちょっと違うんじゃない?

「校閲ガール」はもう始まってて
石原さとみ、かわいかった!
設定が原作とはけっこう違って
初回は新鮮に視聴しました。
この先も楽しめそう(^▽^)/
「校閲ガール」原作者の別の作品も読んでみました。

憧憬☆カトマンズ<憧憬☆カトマンズ> (MF文庫ダ・ヴィンチ)

憧憬☆カトマンズ<憧憬☆カトマンズ> (MF文庫ダ・ヴィンチ)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/10/24
  • メディア: Kindle版


これは読むだけでハッピーになれるお話。
そのうち読み返そうっと♡


花宵道中 (新潮文庫)

花宵道中 (新潮文庫)

  • 作者: 宮木 あや子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/08/28
  • メディア: 文庫


えーと、大人の小説ですよ。
お子様は読んではいけません。(R-18の賞を獲ったらしい)
吉原の遊女の世界が垣間見えます。
仕事の切れ間に読書や映画を楽しんでたら
締め切りが近づいてきました。
連休明けたら真面目に働きます!

ついでに宣伝★

【Amazon.co.jp限定】八月の物語 [DVD]

【Amazon.co.jp限定】八月の物語 [DVD]

  • 出版社/メーカー: HOMERS Corp. LLC
  • メディア: DVD


担当したのは動画サイト版です。
↑のは別の人バージョン。く、比べないでね。

ロケットシューズストーリー [本]

今週は締め切りが重なって
なんとなく落ち着かない気分ですが
そういうときって本を読みたくなる~

というわけで
話題の本を読了しました。

陸王

陸王

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



私は映画や小説の場合、先入観なく作品に入りたいので
極力作品紹介やあらすじは読まない派。
この本も「売れてる」ということしか知らずに
Мちゃんから貸りて
先入観ゼロで読み始めました。

ストーリー展開は池井戸作品の王道パターン。
設定というか主題がランニングシューズなので
共感できるところも多々あり楽しめました。

最近、期せずして読んで面白かったのがこちら。

なかよし小鳩組 (集英社文庫)

なかよし小鳩組 (集英社文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 文庫



少しネタバラしすると
映画「人生はマラソンだ!」みたいな話でしたが
「陸王」よりエンタメ性は高いのでは?

読み終わってからシリーズの2作目だったと気づき
1作目も読んでみました

オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)

オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: 文庫



こっちは全然好みじゃなかった。
先に読んでたら「小鳩組」もスルーしてたな、たぶん。
なので結果オーライですわ。

今日は家のことや仕事のあれこれで
出そびれて走れず。
計画どおりにはいかず。。。
気を取り直して明日は計画どおり練習します。たぶん。。

サイテー男物語 [本]

台風が猛威を振るっていますね。
被害が最小限で収まりますように。

練習会+ゴリゴリ整体の予定でしたが
朝、夫を駅まで送った以外は
一日家から出ずに仕事。

今度の週末は北海道遠征ですので
前倒しで仕事しなくては。
こんな天気はあきらめもつくので
まあまあ集中して、だいぶ進みました。

合間に読書。
先日も紹介しました、この本がねー面白くて。

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/05/10
  • メディア: Kindle版



週刊文春に掲載されていた
書評をまとめた本なのですが
米原さん独自のピリッとした切り口がなんとも痛快。
読みたい本リストがどんどん増えます。
本とともにロシアや東欧についての解釈が分かりやすい。
そして早世したこと、改めて残念でなりません。
もっと米原さんの書評やエッセイを読みたかった!

↑の中で絶賛されていたのが
こちら

源氏の男はみんなサイテー (ちくま文庫)

源氏の男はみんなサイテー (ちくま文庫)

  • 作者: 大塚 ひかり
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2004/06/10
  • メディア: 文庫



いやもう確かに!目から鱗な源氏解釈。
光源氏も頭の中将も、誰もかれもメッタ斬りで痛快です。

私が通っていた大学には
「源氏」研究の権威と呼ばれる教授がいましたが
あの先生はこの本をご存じだったかしら?

教授も米原さんももう故人。
けれど、著書や教え、文章や言葉は生きています。
感謝&合掌。。。
あ、紫式部もね。






まんが祭り [本]

そこかしこで夏祭り。

だからというわけではないですが
私の中ではまんが祭り開催中です。

まんが読んでる暇があったら
走りに行けーという指令が
脳内で聞こえるんですが
暑いしね、仕事の合間の細切れの時間に
読んでるわけだし。

というかまんがの合間に仕事してるっていうか。

仕事にどわーっと追われてるときは
言い回しというか言葉のストックが枯れてくるので
補充が必要なのです。
と、いって小説やまんがで出てきた言葉を
メモすることも、そのまま使うこともないんですが。

kindleの無料お試しをがんがんダウンロードして
手当たりしだい読んでたら、またまたお気に入りが増えてしまいました。
(そして有料のほうに手を出す……。まあそれが正しいのですが)

お気に入りのタイトルを備忘録として。

おはようおかえり(1) (モーニングコミックス)

おはようおかえり(1) (モーニングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/04/22
  • メディア: Kindle版




娘の家出 1 (ヤングジャンプコミックス)

娘の家出 1 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 志村 貴子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/05/09
  • メディア: コミック





おやすみカラスまた来てね。 1 (ビッグコミックス)

おやすみカラスまた来てね。 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: いくえみ 綾
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: コミック



これはもう惰性で。

ちはやふる(32) (BE・LOVEコミックス)

ちはやふる(32) (BE・LOVEコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/07/13
  • メディア: Kindle版



ドラマで「質屋」が出てきたので

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)

  • 作者: 二ノ宮 知子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/11/13
  • メディア: コミック



単なる仕事からの逃避というじゃないかと
うっすら自覚もありますが、
まあ何かしら読んでる時のほうが調子がいいので
このまま今夜も仕事に突入いたします(^_^)ゞ


一気読み! [本]

かねてより話題のシリーズ、
探す手間を省いてamazonでまとめ買いしました。
DSC_2572.jpg
全部で10冊……じゃなくて11冊。
amazonさーん、「今朝の春」2冊入ってましたよー。
間違えて注文?!(前科2犯)と慌てて伝票をチェックしましたが
数量「1」になっていたので、梱包ミス。
amazonってロボット使ってるんじゃなかったっけ?

仕事が忙しい時に限って本を読みたくなります。
で、今回も一気読み。さすがに10冊は、、、4日かかりました。

でも先が気になっちゃって。
まとめ買いも善し悪しですね。。。

大阪出身の料理人のお話なので、
関西出身の料理研究家を思い出しました。
DSC_2563.jpg
久保香菜子さん。
むかーし同じ会社に勤めていて
仲よしの先輩の同期だというご縁で
ホームパーティーに何度か呼んでもらって
そのたびに「ナニコレ?食べたことない!おいしい!!」という衝撃を受けてたの。
「みおつくし」シリーズに出てくる生麩や
だしの引き方、お魚のこしらえ、あしらいなど
読んでいて久保さんのお料理が何度も浮かんできました。

ちょうど、読み始める前にFBで探してもらって
お友達になったところだったので余計そういう気持ちになったのかも。

せっかくなので勝手に宣伝。
DSC_2562.jpg
久保さんの新刊です。

ついでにこっちも宣伝。
DSC_2552.jpg
紹介記事を書かせてもらいました。
執筆担当した以外にも、
DSC_2553.jpg
DSC_2554.jpg
これまでに関わった作品がたくさん紹介されていて、
さながら職務経歴書のような1冊。
興味があればお手に取ってご覧くださいませ。

読書に時間を取られて仕事がギューギュー。
そんなわけでランオフが続いております。
明日は走りますっ!(たぶん)


大人の恋愛 [本]

とてもよい本に出会いました。

bk.jpg
「マチネの終わりに」平野啓一郎

私が紹介するまでもなく話題の本ですが、
じつはちょっと苦手な作者という印象で
スルーしていました。

大学の先輩で挿絵画家の長田恵子さんのレビューを読んで
興味を呼び起こされてさっそくダウンロード。
上の写真も、長田さんの写真です。(ご本人の許諾済み)

「大人の恋愛小説」というような簡単な惹句では収まらない、
いくつものテーマが折り混ざった奥行きの深い作品でした。
主人公は特別な才能と背景をもつ男女ですが、
ひとりは私と同じ生年ということもあり
憧憬と共感のはざまに揺れつつ、すっと引き込まれていきました。

「過去は未来によって変わる」という主題に自分の経験やいたみが重なり、
胸が痛くなるような展開に息を飲みつつ、一気に、でも丁寧に読み切りました。

この先も何度も読み返すであろう、大切な1冊になりました。
kindle版じゃなく、ちゃんと紙の本を買えばよかったな。