So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

長期計画☆ [大会]

ちょいと仕事がみちみちしてきましたが
昨夜は、前職のお仲間と飲みに行きました。

食のプロ(Mさん)、プロはだしの料理上手(Eたん)、食いしん坊(私)の
3人で久しぶりに。

料理企画の編集をしていたMさんは
よいお店をよくご存じで、SNSにあげてる写真も
いつも垂涎もの。

で、「どこへ行く~?」と相談してたら
期せずしてEたんと私が挙げたお店が一致。
でもMさんが「今週末、家族でそのお店に行くのよー」
ということで、他のお店に。

それにしても、3人とも同じお店を挙げるなんて
気があうねー、と盛り上がって、
お店の候補を挙げていったら、気になるお店がざくざく。
「いつか行きたい」リストがどんどん長くなりました。

というわけで昨夜は「沖縄チャイニーズ」のお店に。
無題.png
オリオンビールで乾杯して
前菜盛り合わせ、パクチーサラダ、お麩チャンプルー。
あとジーマミー豆腐とか、なんとか(名前忘れた)とか。
ワインも1本空けたけど、「え、いいの?」という良心的なお値段でした。
また行きたいなー♡ →こちらです。

ごはんに行きたいお店の長期計画とともに
来年のメドックマラソン+旅行の話も盛り上がりました。
選手だけでなく応援団も結成されるかも?!
実現したら賑やかで楽しい旅になりそう。

フランス語の勉強しなくっちゃ!!!

nice!(4)  コメント(0) 

エントリーあれこれ [大会]

秋の大会のエントリーが始まってます。

今朝、ランニングクラブのFacebookページに
「梨のエントリー、まだ間に合いますよ」という投降を発見して
慌ててランネットにいってエントリーしました。

先週の月曜も同じパターンでした。危ない危ない。

というわけで、以下エントリー済みです。

9月 白井梨マラソン5キロ  
10月 タートルマラソン10キロ 
10月 水戸黄門漫遊マラソンフル 
11月 いわい将門ハーフマラソン 
11月 つくばマラソン10キロ   

ただ、、悩んでいるのが
12月 最初のレース。

いつも出ている地元の
八千代ニューリバーロードレース(このあと忘年会)と
ランニング桜島(出場&帰省予告しちゃった…)と
さらにもう一つ、出てみたい大会が重なっちゃった…(>o<)

これ…
無題2.png
わかやまリレーマラソン。
今、パンダ友親子を勧誘中(?)。。

悩むーー、どうしよっかなー。




nice!(8)  コメント(2) 

日光ウルトラマラソン当日篇③ [大会]

日光ウルトラマラソン、いろは坂抜き62.195キロの部を
走り終えてからの雑記です。

8時間の長旅を終え、達成感と疲労と筋肉痛の全身を
むち打つように、流れに沿って歩いていくと、、、

途中、何度かお見かけしたカッパさんが
プリンを食べながらお休みしていました。
無題.png
(撮影の許可もらいました!)
ラスト3キロぐらいのところの私設エイドでは
なんとビールを飲んでましたよ、このお方…。
(私設エイドで私たちもお世話になりました。感謝♡)

そして雨のせいか、ご覧のようにブースは空が目立ちます。
そういえば、前日の場内放送で「日光天然氷のかき氷があります」
って言ってたような…と思ったら「かき氷あった!」とはっちゃん。

迷わずマンゴーかき氷をオーダー!
「天然氷なんですよね?」と聞くと
お店のお姉さん、ごりごり氷を削りながら
「あのー、違うんです…」
「でででも、日光のおいしいお水で作った氷です!」とのこと。
無題.png
いやでも、おいしかったですよー。300円だしね!
ただ、半分も食べないうちにガタガタ震えがきました。
雨に打たれて体が冷えてたんですねー。

荷物を受け取り、よろよろと地下2階の更衣室へ。
下り階段…つらい…(T_T)
スローモーに着替え終わり、シャトルバスで日光駅へ。
東武鉄道の特急は空席がなく、1時間後のJR特急の指定券を買って
駅ロータリーにある「湯葉そば・うどん」の看板がある食堂へ。

ビールで乾杯して、、、
無題.png

湯葉そば!
無題.png
あったかい汁が、しみじみおいしゅうございました。

なんだかんだ日光を満喫できて満足・満腹。
コーヒーを買って東京へ戻る電車に乗り込みます。
電車が動き出すと、窓の外に100キロの選手の走る姿が!!
はっちゃんとうるうるしながら「がんばれーー」と応援しつつも
「終わった」という安堵感に改めて満たされました。

JRの特急は東武鉄道よりお高い分、シートがゆったり。
2人して爆睡しちゃいました。結果オーライ。

私の2018年ウルトラチャレンジはこれにて終了。
来年はどこ走ろうかな~?

nice!(8)  コメント(4) 

日光ウルトラマラソン当日篇② [大会]

日光ウルトラマラソン、いろは坂抜き62.195キロの部を走り
1週間が経ちました。

よろしければ大会レポの続きに
お付き合いください。

いきなりですが結果はこうなりました。

無題.png

10キロ、20キロ…とありますが
実際には12.195キロ、22.195キロ…です。

100キロの部の50キロ地点、60キロ地点…です。

2018年6月17日午前6時スタート。
ゲートをくぐっていきなり下り坂。

飛ばしすぎないように、ブレーキをかけないように
ふわふわっと下りたいのですが、ポンポン足をつくたび
ずんずん腰にくる気が…(>o<)
はっちゃんとおしゃべりしながらキロ6分半~7分のペースで。

去年参加したウルトラ完走請負人鈴木さんの講習会で教わった
5キロ35分を守る方式で走ります。

霧雨が降っていますが、かんかん照りより断然いいわー!

坂を下りきって曲がると歩道に上がります。
幅が狭いのでせいぜい2~3人。
なかなかペースに乗れません。。
まあでも焦る旅でもないのでね。
和やかな雰囲気なのもウルトラのいいところ。
(前のほうは知りませんが)

2.8キロ地点でトイレに。待たずに入れました。
次のエイドではっちゃんと再会♡
終盤まで、はぐれてはエイドで再会、の繰り返し。
エイドはどこも充実でした\(^O^)/

無題.png

焼きたてのパンやバナナ、サンドウィッチ、パインなど。
名物が出てくる「うんまい給食」では
ゆば、ごま羊羹、塩せんべい。
生のパイナップルがおいしくて
何度もいただきました♪

食べ過ぎたせいかσ(^◇^;)、8.8キロで
もう一回トイレに。
すっかりはっちゃんと離れちゃいましたが
「日光江戸村」の看板で左折するところで
はっちゃんの姿を発見。
もうすぐ20キロ、というところで
折り返してくるトップ選手とすれ違いました。はやっ!

私も負けじと(?)スピードアップ!
「にゃんまげ(江戸村のキャラ)とはっちゃんと撮るっ」
という一心です。脚を使い切った感もありましたが
なんとか追いついて江戸村には2人で到着♪

無題.png

人気のない江戸村はなんとも風情があります。
にゃんまげ、どこ~?と捜していると

無題.png

江戸村内のエイド。
おいしいお漬け物なんかをいただいてると
「にゃんまげも、お殿様もお姫様も出勤前」とのこと。
えーん、残念。やはりメインは100キロなのね。。。

無題.png

「せめて、これを」と、、

無題.png

にゃんまげクッキー。かわいいっすー。

22.5キロを越えてから太もものハリというか痛みが
気になり出しまして。
コンプレッションタイツなしでは道マラで一度走ってますが
やっぱりアップダウンが続くときつい。。

24.8キロのエイド

無題.png

トマトやきゅうり、みずみずしくておいしい!
横のテントに「アイシング」とあったので
ふらふらと入っていくと「何分あります?」
私「んーーと5分かな?」
若い男の子と女の子が2人がかりでマッサージしてくれました♡
「他は大丈夫ですか?」と聞いてくれたので
私「あ!せっかくなので腰も」
…そういえば、腰痛を忘れていました!

無題.png

常設トイレがあったのでついでに寄って
このエイドには10分近く滞在しました。
制限時間に引っかかる心配はなさそうだったので
全体的に時間を気にせず走れたのがよかったわ。

マッサージでいくらか脚が軽くなって
鬼怒川を渡ります。おー、温泉街だー。

しかーし、まったく声援はないのですね。
道行く人も「何、この邪魔な人たち」という顔。
まあ観光地ですから、一般の観光客から見るとそんなものかもね。。

くねくね曲がって、出ましたよ。ウワサの鬼が!

無題.png

どどーん!
無題.png

108段あるとかないとか。
走る気ゼロです。歩きます。
観光客のお姉様がたとお話ししながら
てっぺんに到着~\(^O^)/

無題.png


おいしそうなパンもどっさり♪

無題.png

あんパンを一つもらって

無題.png

ブドウをひとつかみ。生のフルーツ最高です。

鬼怒川を出てまた大通りへ。
道路は交通規制せず、交差点には
スタッフや警察官が立っています。

ボーッと走ってたら前のランナーが立ち止まり
慌ててよけた瞬間に太ももがピキーン(+_+。)
右折車を通してあげようとしてたのでした。
まったく目に入ってなかった…。

あー、やばいなー。やっぱり練習が足りなかったなー。
30キロ走1回しかやってないもんなー。。。
だんだんネガティブ思考になってたところで
東武ワールドスクエア!
ちょうどはっちゃんが出てきたところでした。
うれしい♡

ワールドスクエアはちょっと脚を踏み入れるだけ、と聞いていましたが
それなりに建物も見られて

無題.png

初・ワールドスクエアとしては十分満足でした。

ワールドスクエア内のエイドでは

無題.png

万国旗ラングドシャが。水分もってかれそうだったので
写真だけ撮らせてもらってドリンクのみ補給。
ここらへんでやっと半分。ふーっ。

このあたりから記憶があいまいです…。
そうそう、またまた鬼がいましたね。

無題.png

この37.3キロのエイドではっちゃんと再々再会。
一足先に着いたはっちゃんは
赤鬼と青鬼に夾まれてゴキゲンで写真撮ってましたが
私が着いた頃には赤鬼の代わりに青鬼2が。いやいんですけどね。

このエイドではミニトマトやおにぎり、

無題.png

各種ゼリーも。

無題.png

私の補給が終わるまではっちゃんが
「行けるところまで一緒に行こう」
と待っててくれました。ありがたい。

「せめてフルの距離は走り通したいよー」と
踏ん張って(上り坂で一瞬歩きましたが)
41キロ地点のエイドへ到着。

ここでは、なんと奥さん。

無題.png

サクランボが!
100キロの人の分あるかなー?と
心配しつつも、ふたつ、みっつ…。
おいしゅうございました。

そして、ところてんも。

無題.png

ツルッと入ります。酸味がきくーー!
ボランティアの中学生に
「がんばってください」と送り出され
はっちゃんと一緒に42.195キロラインを越えました。

さあ、あとはオマケです。いや、この分がウルトラです。
もうこのへんだと、100キロのランナーに
ビュンビュン抜かれてます。
反対車線を走る100キロの選手もいます。
はっちゃんと「あれ、Harleyさんじゃない?」と言いながら
手を振って、振り返してもらってから別人と気付く…
を5回ぐらい繰り返しました。(おばか?)
結局、Harleyさんとはすれ違えませんでしたが、
その間、気が紛れました。

何とか脚が動いてたら、前方に、んんん?

Onのシューズ、野辺山Tシャツ、スリムな男性が
笑顔で声援を送ってくれてます。

おお、こばすけさん!

やっとお会いできました。
「楽しんだもん勝ちですよ」という言葉に背中を押され
歩きたい気持ちを抑えつつ進みます。

…が、次のエイドでやっぱり力尽き、
「はっちゃん、先行って」

歩いたり、走ったりを繰り返して杉並木に。

無題.png

暑かったらさぞ気持ちいいのでしょうが
この日はヒンヤリしています。
歩いてると体が冷えるので仕方なくゆっくり走ります。

…が、だんだん路面のガタガタに足首が痛くなってきました。
わだちなのかな。どこを走っても足首をひねりそうな。
ゆっくり、ゆっくり進んで47.4キロ地点のエイドに到着。

無題.png

オレンジうまー。おなかも空いてきたので
ランチパックも。そしてまたオレンジ。
ああ、もう走りたくない。

でもエイドのスタッフの人たちが
「もう少しですよー」「えらいわねー」
「がんばってねー」「いってらっしやーい」
と励ましてくれるので(仕方なく)走り出します。

すると、前方にはっちゃん発見。
はっちゃんも足元が怖くて歩いてるところでした。
我が意を得たり!と私も一緒に歩くことに。

杉並木を抜けると、大きな公園の中へ。
小さなアップダウンはあるものの
ちゃんとした舗装された遊歩道なので走りやすい!

54.5キロのエイドでは
塩まんじゅうで糖分補給。

無題.png

甘さ控えめのつぶあんがたっぷり。
口直し?に梅らっきょ。も。

あと10キロ!知ってる距離だから何とかなる。
何とかするぞー!という意気込みで
masa*ちゃんにもらったジェルも投入。

一般道に戻ったところで
はっちゃんが「せっかくだから、一緒にゴールしよう」
と電柱走りを提案してくれました。

電柱2本分走って1本分歩く。

「liangちゃんがいけそうなら、もっと進んでいいよ。
つらくなったら歩こう」と優しいはっちゃん。

頑張って走る・歩く・走る・歩く…作戦を実行します。
「はっちゃん、私、100キロはもういいわ。無理」
なんて愚痴にもうん、うん、と聞いてくれるはっちゃんのおかげで
どうにか前に進んでいきます。

最後のエイドは59.8キロ地点。
スポドリだけ取って先へ先へ。

しかーし、ラスボスは強力でした。
ながーい上り坂。
「はっちゃん先輩、走れません」と申告して
2人してトボトボ歩きます。

すると「がんばれ、もう少しですよ」と
100キロの選手が追い抜きながらエールを。

ちょっと恥じ入る私たち、、
せめて、と、きびきび(当社比)歩くことにしました。

下りや平坦なところは走って、上りは歩いて、で
ようやくフィニッシュ会場へ。
「最後、上りだけど走ろうね」と励まし合って足を動かし、
会場MCの人に名前をコールされたりして…
ってまだ着かんのかいっ。400メートルぐらいありました。

手を繋いでフィニッシューー\(^O^)/

やったーー。2人してウルッときちゃいました。
重いメダルを首にかけてもらって、
全身から力が抜けていく感じ。

62キロは短くなかった。なめてました。ごめんなさい。
でも苦しくても楽しい8時間でした。

長い長いレポを読んでくださって
ありがとうございました♡

nice!(9)  コメント(6) 

日光ウルトラマラソン当日篇① [大会]

日光ウルトラマラソン、いろは坂抜き62.195キロを走ってきました。

大会当日を振り返ります。

携帯のアラームで午前3時に起床。
お湯を沸かしつつ、テーピングタイム。

私は両足首と両膝。どちらも靱帯が伸びてるので固定しなくちゃ。
はっちゃんは、ふくらはぎ。

朝食は、前日にコンビニで買ったおにぎりとカップ味噌汁。
日光についてからはコンビニに寄るタイミングがなかったので
「念のため」と北千住駅で買っといてよかった。
ホントはヨーグルトやバナナを調達したかったんだけど
早朝だし(というか夜中ですよ。ふだん仕事してるわよ私)
食欲もなく「ウルトラだから、まっいいかー」とゆるゆる。

ウェアに着替えて
①コンタクト
②日焼け止め(どうせ取れるのでノーメイク(^◇^;))
③ワセリン
の順番。

荷物をまとめて、4時半に送迎バスで出発し
5時前にスタート地点の霧降スケートリンクに到着。
すでに100キロの選手はスタートしていて空も明るい。
でも雨が降ってて寒いーーー! 
外には出られないよう。。
ロビーに荷物を置いてストレッチしたり、トイレに行ったり。

ずっと暑さ対策しか考えてなかったので
ファイントラックを持っていってなかった!痛恨!!

というわけで当日の出で立ちは

・防水なし、ダンスキンのふつうのキャップ。
・フレンチスリーブの大きめシャツ。8年もののPUMA。
・パンダーニのランパン。
・cepのレーシングゲーター
・C3fitの5本指ソックス
・HOKAクリフトン4
・100均の手袋 指先切ったやつ
・ノースフェイスのウェストポーチ
・ノースフェイスの薄手のシャカシャカ

ウェストポーチの中身は

・メダリスト粉3つ
・クエン酸パウダー1つ
・スマホ
・携帯マイカップ
・ぬれせんべい3枚
・カリカリ小梅3つ

ランパンのポケットには
・ジェル①師匠Uちゃんからもらったマグオン
・ジェル②masa*ちゃんからもらったトップスピード
・ジェル③参加賞?の粉飴ジェル
・ジェル④パワージェルパッションフルーツ
・ジェル⑤インパラ
・お金1150円(念のための1000円札とジュース代)
・薬(胃薬、ロキソニン、絆創膏、人工涙液)
DSC_0175.jpg

62キロは途中の荷物預けがないので
必要と思われるものは全部持たなくちゃいけません。
まあ、あれこれ悩まなくていいのでスッキリしてるとも言える。

62キロの部女子の参加者は130人ぐらいなので
トイレもさほど待たずに入れました。

ちびちびクエン酸水を飲み、アスリートくるみ餅を食べ
仕上げ(?)に持久系サプリ。
DSC_0178.jpg

荷物はスケートリンク内のラックに自分で置くシステム。
ゼッケン末尾の数字ごとにラックが並んでいました。

あと10分、となって、外に出てスタートラインまで歩きます。
けっこう遠い。冷たい雨に体が冷える~ブルブル。
DSC_0179.jpg

エアのゲートの前に並んで記念撮影。
スタッフの男性が「撮りましょうか」と声をかけてくれます。
スタートがギスギスしてないのがウルトラのいいところ。
とはいえ、相変わらず緊張感のない私たち。
18-06-20-15-06-10-851_deco.jpg
シャカシャカの下のウェストポーチから
スマホを取り出したので、腹まわりがごちゃごちゃ…
お見苦しくてスミマセン。。。
はっちゃん先輩はすっきりしてます。
やっぱりバックパックいいなあ。

おしゃべりしてるうちにスタートのカウントダウンが!

「いってきまーす」と手を振りながら走り出したのでした。
(すみません、続きます)


nice!(12)  コメント(4) 

日光ウルトラマラソン前日篇 [大会]

日光ウルトラマラソン、いろは坂抜き62.195キロを走ってきました。

今回はウルトラのベテラン、はっちゃん先輩と2人で
オフィシャルツアーに参加。
往路の東武鉄道+1泊夕食+会場送迎で23000円なり。
けっこうお高い…。これで宿ランクは真ん中ぐらいです。

前日の土曜。
北千住駅南口13時前に集合。だったので
はっちゃんとルミネでお昼ごはん。
2018-06-16-11-56-56.jpg
紅虎でおかゆ定食。こう見えてけっこうボリュームあり。
レース前としてはまあまあ?

さて、集合してみると案外人が少ない。
やっぱりお高いから??
4両編成の貸し切り特急の乗車率は6割程度。
まあのんびりしていていいんじゃない?

東武日光駅に到着すると外は冷たい雨。
でも傘を差すまでもなく、シャトルバスで受付会場へ。
スタートゴール地点の霧降スケートリンクです。
DSC_0159.jpg
あいにくの雨で外のテントなどは人影もまばら。

ニューハレテープが売ってたので
買い忘れてたかかと用を購入!
整体の先生に「HOKAで足首ひねらないように」と
言われてたので、テーピングはしないとね。

とても広い会場かと思ったら
屋外スケートリンクの建物で意外とコンパクト。
受付して、ゼッケンや参加賞などをもらって
開会式&説明会。パスしたいけど、ホテルまでのバスが出るのは
開会式のあとなので仕方ないのー。。

でも和太鼓の演奏やお笑い芸人さんMCの進行は
まあまあ楽しめました。
ただ床に体育座りだったのでおしりが痛かったよー(>o<)

説明会で印象に残ったのは
1600人の参加者のうち、初参加が1000人。という数字。
リピート率低くない??

小一時間の説明会が終わってもバスは出ず。
仕方ないので無料ストレッチを受けてみました。
スポーツ整体の専門学校生かな?
筋トレのアドバイスもしてもらって、よかったです。

やっとバスに乗って、あちこちのホテルに寄り、
東照宮を遠目に見たり、駆け回る猿を見つけたりして
終点が私たちの泊まるホテル「ナチュラルガーデン」。

さわやかなお宿かと思いきや、従業員がみんなおじさん。
しかも見た目が同じようなおじさんばかり。
最後まで女性スタッフは見かけなかった。なぞ。

DSC_0166.jpg
お部屋は可もなく不可もなく。

夕食前に冷え切った体を温めようと天然温泉の大浴場へ。
すると…
「18時30分から清掃」の貼り紙が。ええ?
我々のバスがホテルに着いたのが18時ですよ。それはないでしょー?
「男性従業員が作業します」と書いてあって
はっちゃんと5秒ぐらい悩みましたが
「寒いから入っちゃえーー」と突入。
遠慮されたのか、無事に入浴できました。
そして夕食~♪
これまでの経験上、あまり期待してなかったのですが
DSC_0173.jpg
洋食っぽい夕食はとってもおいしゅうございました。
グラタンとスパゲッティとごはん。ていうカーボな食事。
カフェイン解禁していたのでコーヒー飲んでゆっくり。

お部屋に戻り、キャッキャッ言いながらレースの支度。
62キロだしねー、と緊張感のない2人。
大会Tシャツがステキだったので、
DSC_0169.jpg
「これ着て走っちゃう?」としばし悩むも
結局は持参したウェアに。

ジェル系どうしよう~?前回のクチコミだと
「エイドがいまいち」って書いてあったので
一応持ってくかー。となりまして、
DSC_0171.jpg
ゼッケン袋に入ってた粉飴ジェルを含めて
全部で5つを持って行くことにしました。

ファイテン貼って寝る支度をして、
気付いたら10時。目覚ましを3時にセットしてベッドへ。
お風呂が効いたのか、すとんと入眠。。。

というわけで、レース当日篇に続くっ!
nice!(9)  コメント(4) 

日光ウルトラマラソン! [大会]

第二回日光ウルトラマラソン、62.195キロの部、
何とか完走できました。

無題.png

今日は階段の上り下りもままならず…
在宅ワーカーでよかった。でも締め切りが…(T_T)
詳細はまた後日、ご報告します!


nice!(12)  コメント(6) 

日光☆旅支度② [大会]

仕事関係の講習会で神田神保町に。
ついでに、ウルトラ用のマイカップを購入しました。
DSC_0149.jpg
Wildoフォルダーカップ。

ソネブロランナーズお山チームの皆さんのオススメ。
最初に行った数軒になくて焦りましたが
類似品ではなく目的の物をゲットできてよかったよかった。

マイカップ持参で参加するのは初めて。
講習会のあとに行った整体の先生のお話だと
大会でのゴミ回収で30万円ぐらいコストがかかったりするそうです。
いつも、捨てられた紙コップを見るのが忍びなかったので
こういう機会があってよかったわ。
でも、、整体の先生に
「一番いいのは牛乳パックを洗って切ったやつ」と
言われて、一瞬がっかり……。
いやいや、かわいいカップのほうがテンション上がるしねっ!

カップを探し回ってランチするヒマがなかったので
夕方近くにようやく、、
2018-06-13-15-51-54.jpg
参鶏湯ランチ♪
タンパク質とコラーゲン、たっぷりとったぞー☆


nice!(11)  コメント(6) 

千葉青葉の森リレーマラソン [大会]

今年も青葉の森リレーマラソンに参加してきました。
千葉北西部のランナーの祭典!というとおおげさですが
全250チームが出走。
2キロ×21周、フルマラソンの距離を襷リレーします。

わがクラブからは男女各1チーム。
応援も加わり、さらに姉妹クラブとも人員を都合(?)しあって
にぎやかに楽しく走ってきました。

今年は師匠Uちゃんと師匠ハハがリハビリ中で出走せず。
最初から「のんびり走ろう」ということで
スタートはグリーンドラゴン女将♪さん。
無題.png

1.png
コース横の芝生に陣取って
応援団も大盛り上がりです。

知り合いランナーも大勢走っているので
応援にも力が入りますよー。
逆に自分が走っている時も
あちこちで声援をもらって張り切っちゃいます~。

私は3周走って、1回も9分を切れずガッカリ。
Onクラウドのシューレース、ゴムのままだったのが敗因?
単に練習不足と体重増加のせいかなー。

それでも楽しく走りきりました~\(^O^)/
無題1.png
女子チーム4位で入賞(^O^)v
(チーム数が少ないのは内緒…)

上の写真では私だけ、着替え済み…
というのも、この日は夕方から武道館で
台湾の人気バンド五月天のライブ!
DSC_1571.jpg
距離短いとはいえ、走ったあとに行くのはなー、と
思っていましたが、いい席だったし
演出もよくて最高~♪ ゲストでGLAYも登場したりして
会場は大盛り上がり。とはいえ7割は台湾・中国のファンかな?
台湾中国のファンは若い子が多く
ちらほらいる日本人は割と年齢層高め、という印象でした。
でもいいの、だって好きなんだもん。

この曲とかも

よいPVですよ。

☆昨日は月曜練習変則版。
アンテナを張り巡らしている女将♪さんとふたりで
とことこジョグで7キロ、向かった先は東武デパート。
無題.png

目玉はすいかパン!
なんと連日、開店数分でソールドアウトとのことで
女将♪さんは先週行って買い損ねたんだって。
今度こそ!と開店10分前に到着するとすでに行列が。。

デパートなので入り口が何カ所もあって
それぞれに行列でした。下調べした女将♪さんについて
催事場にいちばん近いエスカレーター付近に並び、
なんとか整理券をゲットして購入に成功~(^.^)
お次は私が気になっていた「さくらんぼクリームかき氷」
_20180521_201338.jpg
こちらも数量限定でしたが、ありつけました。
ちょっとね、器と氷のバランスが悪いのよね。
一緒に行列しててお友達になった人は上のアイスをぽとん、と落としてました。
(でもお店の人がすかさず別のアイスを持ってきてくれてた)

あとは牡蠣やホヤ、きのこなどを買って
帰りは電車で二駅乗って戻りました。

さーて、帰宅して早速、、
_20180521_201136.jpg
すいかパンをカット!!
わあ、かわいいーー!!
でも、味はイマイチーー(T_T)
ま、そんなもんよね。。。。

でも楽しかったのでいいのです~
新たなラン友?もできたし。

なんだかんだでダイエットどころではない日々。
はっちゃんに「liangちゃんいつも“ダイエットは明日から”だねー」って…
気付かれちゃった…(^◇^;) ん?当然??

nice!(9)  コメント(3) 

宮古島トライアスロン観戦!② [大会]

さて、トライアスロン3種目目はランです。
8時間動いてきて、そこからフルマラソン…。
タイムリミットは5時間半!!と思ったけど
トランジットの時間を忘れてた!

残り時間5時間ちょっと、というところで
ランスタート。
私は(予定通り)沿道を伴走します。

バイクコースは島の外周ですが
ランコースは島の真ん中を行って帰ってくる折り返しコース。
あんまり楽しくないかなーと思いましたが
商店街や住宅街も沖縄らしくて私としては
きょろきょろしながら観光気分でした。

肝心の女将♪さん、滑り出しは順調。
心配していたよりずっと足が動いてる!

よっしゃー!と声をかけつつ走ります。

ふなっしープリントを胸につけて走ってるので
沿道から「ふなっしー頑張れ!」と声がかかり
笑顔で返している女将♪さん。

「これはイケるかも?」と思いつつ
ペースを刻みますが、さすがに疲労はじわじわと。
10キロぐらいから歩きを入れることが多くなり
最初の関門である折り返し地点までの時間を計算しつつ
「少なくとも、最初の関門ラインを越えて
ランの記録を残そう!」と励まします。

折り返しなので、戻ってくる選手たちとすれ違えるのも
いいところ。

アクアスロン会場で何度かレッスンを受けた太田麻衣子選手は
力強く、かっこよく。女将♪さんもテンション上がります~
いいぞー、この調子!ハッパををかけていると、

女将♪さんのトライアスロン仲間たちがどんどん現れ
エールを交換。なんだかウルッとしちゃう私。。。

しかーし、このコース、なかなかの難コースで
ひたすらアップダウンの連続をこなしていかねばなりません。

長ーーい下りを走りながら、反対側を見るとみんなトボトボ歩いていて
「帰りは上りか…」とげんなり。

フルマラソンだけだとしても、タイムは狙えそうにない、厳しいコース。

支えは沿道やエイドスタッフの熱い応援です。
女将♪さんもエイドで氷をもらったり、沿道でスプレーを借りたりしながら
何とか前へ前へと歩を進めていきます。

1キロごとの表示を見る度に計算するも
折り返し関門の突破が徐々に難しくなっている。。。

「この先は下りだから、今は歩かず頑張れ!」
「まだ間に合う、行け」
と声を掛けながら自転車で伴走しているおじさんがいたり

オリンピック選手の何とかさん(忘れちゃった)が
「ウォーキングに毛の生えたスピードでいいから走って」と
げきを飛ばしていたり。

でも……あと数百メートル、というところで
非情にも18時15分、関門の時間となりました。

あとハーフを残しての無念のDNF。。。
先回りしていた、女将♪さんのご主人の車に回収され
フィニッシュ会場へ。

ランコースが主要幹線のため、さんざん迂回して
ようやく到着した頃にはとっぷり日が暮れ、
すでに20時前。あと30分というところで
どんどん選手が入ってきます。
地元高校生の獅子舞や横断幕を広げて家族や仲間を伴って
賑やかなゴールシーンが繰り広げられ
それもトライアスロンならでは。

「ゴールしたかったなー」と女将♪さん。
もう1回チャレンジしたら完走できると思うのですが
残念ながら年齢制限でそのチャンスはありません。
それでも、やりきった、晴れ晴れとした笑顔でした。
無題.png

お宿に戻って、オリオンビールで乾杯( ^_^)/□☆□\(^_^ )
こうして長い一日が終わりました。

アフターのビーチ編につづくっ!!

nice!(11)  コメント(4)